読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TkMdの日記

忙しさに流されない日々のために。某教員のブログ。

評論家はいらない

昔の恨みやらなんやらを思い出してしまった……


昔、私が若くてぴちぴちしていた頃。

そんな私に「正論」ばかり言う先生がいた。

自分は立場やらなんやらを殻にして、「安全な場所」から口を出すのだ。

「正しいこと」を。具体的解決案はなく。

自分は絶対に安全な場所で身を守りながら。

こっちは現場で身体張ってるんだけど。

……みたいな人に大分苦労させられた。



「正しいこと」しか言わなければ自分は痛い思いはしませんからね。


評論家はそれでいいかもしれませんが、現場ではそれより実践力が必用でしょ。



先日、打ち合わせをしていて、「正しいこと」は出てきた。

が、「誰が、いつ、どうやって」といった発想は誰もその場でしていないよう。

なので「で、明日から具体的にどうすんの?」がないまま終わりそうだったので、つい口を挟んでしまった。

「いやいや具体的に何かないと何も変わらないでしょ!?」って、突っ込んでしまいそうだった。

正しいことが出てきたらそれで満足なのか、単に思考が停止しているのか。



今の職場には「正論を言っていればいい」みたいな人が結構いて、「問題解決」なんて考えない空気というか、そんな雰囲気がある。

職場が悪いのか、教員していたらそうなってしまうのか、地域性なのか……


まぁ、いいや。

とりあえず、具体策下さい。